忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/24 22:55 】 |
18話中編うp


ドダイでございます。

物語tりの根幹をなす謎が解明される回、そしてペイルと美希の無双回でございます。

ファンタジー世界と古代ロストテクノロジーの組み合わせは、いつの間にかスタンダードになってしまいましたが

考えてみればシャイニングフォースが発売された時代には新しかった考え方だったような気が。

まあ当時中・高生だった私の知り得る範囲ですから、もうすでに王道の一種にあったのでしょうね。

その古代文明と劇場版パトレイバーのネタをからめて原作に盛り付けたのが今回のお話でございます。

私も大して物事に詳しくないのですが

ファンタジー世界の住人の起源が太古の戦争のために作り出された生物兵器・・・というのは

あながち間違った解釈ではないと思います。ことこの作品の世界観では、

マナリナで春香をニワトリに変えた機械が登場することからも、

遺伝子操作とは違う、物質転位的な方法で生まれた可能性もあるだろうと思いました。

各種族の寿命の一覧を出しましたが、人間の血が濃い(アイドル等)ものは

オリジナルキャラよりも人間に寄った寿命に、

本来ケンタウロスは神族なので寿命が長いのですが、

シャイニングフォースでは彼らは数が多いので長寿=少数のお約束に反するので

馬寄りの寿命とさせていただきました。

つまり美希はロウの半分ぐらいしか生きられないんですね。

こういった描写を説明くさくなく入れていくのを密かな楽しみとしております。

さて、物語は解説モードを抜けて死闘の連続へと向かっていきます。

退屈な展開はここまでだと思ってくださって結構です。今後共ご贔屓に。
PR
【2012/03/07 21:08 】 | アイマス架空戦記シリーズ | 有り難いご意見(2)
近況
ドダイでございます。

動画制作は詰めの段階まで来ておりますが、今月いっぱいは無理でした。すいません。

それから18話はテキストの内容が絞りきれなかったので中編を入れた三部構成となります。

古代遺産の真相と、どうしても入れたいイベント戦闘を含めたものが、後編の間にはいります。

何卒、もうしばらくお待ちくださいませ。
【2012/02/28 20:42 】 | アイマス架空戦記シリーズ | 有り難いご意見(0)
18話前編うp


ドダイでございます。

18話から始まる第七章をようやく公開することができました。

本当に時間がかかってだらしない限りですが、このシリーズも終盤になり

色々な種明かしなど含めても22話ぐらいで完結しそうです。

最後までお付き合いいただけるように頑張っていきたいと思います。

できれば来年度中に終われ・・・ないだろうなあ・・・
【2011/12/02 23:06 】 | アイマス架空戦記シリーズ | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
近況
ドダイでございます。大変ご無沙汰しております。

9月中に素材を仕上げて10月更新の目処を立てていたのですが、

10月に入って休日と諸々の用事が重なり動画製作の余力がなくなってしまいました。

時間が無さ過ぎて作業のモチベーションがおこらず、ゲームに使っても一日一時間ぐらい、

先月はほとんど何もできていない状況…

作業としては戦闘シーンを1/3上げて音をつけるだけなのです。まあそれが時間かかるんですが。

なんとか今月中に更新したいと思っております、いや、なんとしても。

【2011/11/03 22:10 】 | アイマス架空戦記シリーズ | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
17話後編うp


ドダイでございます。

ミシャエラとの決戦も終わり、これからさらに強力な敵との激戦に突入します。

とにかく強いミシャエラを、原作と違う方法で表現してみました。

一画面に入るキャラクターが限られているので、できるだけ多くを目立たせようという方針でした。

それと、原作のままだと辻褄が合わない(明確に説明がないだけ?)部分はざっくりと解釈を変えてしまいました。

若干GBA版からヒントはもらいましたが、より筋をしっかりしたものして

かつ、できるだけ説明を省いて視聴者の想像に任せるゲーム的な部分を残しました。

登場人物それぞれが明確にしていない気持ちや、本当のことを言わないところに関しては

私の中では答えがありますが、ここでそれを補完するのは止めておきます。

「~なことだったら面白いな」みたいな話が、ご覧頂いた皆様の間で語られていたらいいな…と思っています。
【2011/08/03 03:14 】 | アイマス架空戦記シリーズ | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]