忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/22 11:57 】 |
アイマス版シャイニングフォース 第8話前編うp
ドダイでございます。

ようやくここまでこぎつけた、という感じです。

第4話あたりから仕込んだ複線を回収の回です。
伊織は本来第3章から登場ですが、このエピソードのために繰り上げ登場です。
3バカ・律子・伊織が揃って成立する話なので、他のメンバーが空気になりました。
そうならないようにもう一個エピソードを追加しようとしたら、時間が長くなりすぎたので断念。

こういうエピソードをうpするときは緊張します。
こんな話が視聴者に受け入れられるのだろうかと。
PR
【2009/05/08 01:48 】 | アイマス架空戦記シリーズ | 有り難いご意見(2) | トラックバック(0)
<<P様に対する思い | ホーム | 第7話後編 うp>>
有り難いご意見
無題
はじめまして。いつも作品を楽しませてもらってます。

初陣でロウに庇われて以来、要所で味方の盾として活躍する春香さんを見ててティンと来たんですが、もしやマックスP様(でいいのかしら)はリメイク版の設定も使われているのでしょうか?ケン父の最期と春香さんの姿が被って今から一本橋戦が怖くて仕方有りませんw
【2009/05/17 23:09】| | おっさんゲーマー #985a5cb4b8 [ 編集 ]


無題
>おっさんゲーマー殿
ご視聴ならびにご来訪ありがとうございます。
本作品はMD版のプレイ情報だけを元に製作しております。ですので、
リメイク版(未プレイです)や裏設定などはないものとするか、小ネタ程度に採用するつもりでおります。
リメイク版の実況動画も上がっていますが、そっちの設定を引きずる気がして、見るのが怖いんですよね…。

春香の奮闘振りについては、二つの理由から意識的に演出しています。
ひとつは、春香をはじめ原作キャラが男性のアイドルは、性格に「漢気」の補正を加えていること。
美希がゆとってなかったり、亜美真美がシブいのもこの補正が原因です。
もうひとつは、第1話でガッカリな顔グラを使ったことに対する、春香ファンへの償いです。
あの時点では素材やツールの事情でアレでやるしかなかったのですが、二次創作者としてファンにオトシマエをつけるべく、春香を予定より引き立たせることにしました。
次第に騎士の凛々しさを出していくように演出しております。
ファンなら気づいてくれるだろうと。
長くなりましたが、まあ、基本がギャグストーリーなので気楽にご覧くださいませ。
【2009/05/18 04:03】| | ドダイ #2a9cec6c5a [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]