忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/22 11:57 】 |
13話後編うp


ドダイでございます。

伊織・雪歩・やよいのモーションが決まらず(描けず)、予定よりも10日ぐらい更新が伸びました。

このゲームの特徴である「斜め後」視点で描かれる戦闘シーンは、

当時の私をはじめ多くのメガドライバーを興奮させました。しかし、

実際これを再現するとなると、見せたい動きが体で隠れてしまうことが多いため、

試行錯誤しなければならないのです。そういう事情を踏まえてオリジナルを見ると

転職後のマックスの変わった斬りつけかたとか、

やむおえず横向きに動かしているハンスの射撃等、3で総ポリゴン化されるまでの

開発者の苦労を実感いたします。

やよいはトルクスティックの発展型をずっと考えていましたが、あんまり面白くなりそうになかったので

一度前フリしといたのもあるのでお父さんネタにしました。出来上がったときは「…ないな、さすがに。」

と思ったのですが、他に思いつかないので男ならやってやれ的な勢いで使いました。

まあ、賛否が生まれそうですが。


さて、架空戦記を製作するに当たって、ネタ要素の使いどころの方針を自分なりに決めていました。

「投げっぱなさない」「必然性を持たせる」この二つです。

ゲストキャラクターやそれらの設定は、必然的にあり、また、盛り込んだ以上は必然となります。

元ネタのキャラクターがゲストとして登場してしまうのもその必然性のためです。

この方針が万人の支持を得られないことは分かっていますし、元ネタを知らない視聴者からすれば

グダグダした訳の分からない話を差し込んでなんとする、という批判をいただくことも、

投稿者の責任として受け入れていくつもりでございます。しかし、そういう風に「創った」以上

なかったことにはできません。走り抜けなければなりません。また、

元ネタのキャラクターを愛してやまない視聴者の方もいらっしゃると思いますので、

登場すること自体を否定するコメントあるいは、キャラクターそのものに対する嫌悪を含むコメントは

ご遠慮いただきますようお願いいたします。

憎むべきは製作者でありキャラクターではありませんので、何卒よろしくお願いいたします。


PR
【2010/03/09 02:31 】 | アイマス架空戦記シリーズ | 有り難いご意見(2) | トラックバック(0)
<<14話前編うp | ホーム | 近況>>
有り難いご意見
ネタが思いつかなかったので無題で
 ども、らいあっとです。
今回もまた力作で、楽しませていただいております。
・・・さて、大の雪歩好きを自称するからには、まずは語らねばならない
(え、要らない?w)今回の彼女について。
いや実に素晴らしいフトモモ・・・を見る余裕も与えぬほどの
見事な高機動っぷりを堪能させていただきました。
訓練のシーンでは、りりしい一枚絵まで付きましたしね。
 このシリーズでの雪歩って、普段の会話よりも戦闘での活躍の方が多めな事もあってか、
割と真面目・・・というか、千早辺りと同じ、
真剣さや使命感といったものが前面に出ているように感じます。
まぁ少なくとも、あの義兄に影響受けてるのは間違いないと思いますがw
 やよいは新コス、モーション共に予想外でした。
元キャラの転職後衣装が白だっただけに
某全力全壊な魔砲少女を連想したのですが・・・
つまり何ですか、やよいの腕力はゼントラ並という事でs(ry

 ・・・閑話休題。
私がこのシリーズの魅力と感じるものの一つに、
「いわゆる空気キャラがいない」という点があります。
原作シャイニングフォースではゲームの仕様上、
出撃頻度の低い、最悪仲間にしてもずっと使われないキャラというのがどうしても出てしまいます。
が、この架空戦記では「第二部隊」という設定の追加により、
そういった部分が緩和されています。
しかもアイマスキャラはもちろんの事、原作通りのキャラ一人一人にも、
きちんとした性格づけやエピソードがあって。
まさに「投げっぱなしてない」んですよね。
 確かに原作の世界観からすればぶっ飛んだゲストキャラは出てきますが、
そんな事言ったら、アイドル達がバットやらトルクレンチやらで
モンスターと戦ってる時点でおかしい訳ですしw、
プロローグから通してみれば、「そういう話である」事はある程度理解できるかと。
 今回の話題について自分なりの意見を出そうとして、
結果いつも通りまとまりの無い文になってしまいましたが・・・
結論を言うと「今のままで良し!」とまぁ、そういう事です。
 では、またいずれ。季節の変わり目、体調を崩しません様に・・・
【2010/03/15 00:53】| | らいあっと #5611d87ef4 [ 編集 ]


無題
>らいあっと様

いつもありがとうございます。
新しい雪歩、堪能していただけてなによりでございます。

雪歩が飛び去るカットは、もうちょっとじっくりとご覧いただけるよう、近々に集合絵的なものを作ってうpしたいと思いますので、よろしければそちらもご覧くださいませ。

各キャラクターには山場を、
アイドルにはそれぞれが主役になるストーリーを必ず一本盛り込むことを決めて製作しています。
あまり多くを語るのも無粋ですから、一つだけ。

雪歩の出番はもうすぐです。お楽しみに。
【2010/03/16 01:38】| | ドダイ #2a9ceca7b8 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]