忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/22 11:56 】 |
ステロイドにやられる
ドダイでございます。

毎年冬~初夏にかけて背中に出る謎の炎症が夏になっても癒えず、

いい加減治療しようと皮膚科に行ったのですが、それが運のツキ…

かかった医師がぱっと見ただけで処方した薬が一部では効いたのでそのまま使っていたら

炎症が次第に全身に拡大していき、これではダメだと思って薬の使用を止めたら大変なことになりました。

その薬、アンテベートが厄介な薬だと分かったのはその後でした。

効果のない薬を処方された上に、医師も調剤薬局の職員もその薬の注意事項を、

「勝手に使用を中止しない」「顔に使うな」という説明がなかったのです。

薬を出すほうも大概ですが、ちょっと自分でよく調べておけばよかった。

顔も背中も赤い模様が気持ち悪く、痒くて眠れない毎日。

診察の合理化によって、よく調べもせず薬を出して様子見て的な病院が増えているようです。

皆様もお気をつけくださいませ。

※架空戦記の更新は頑張っていますが、上記の事情によりお待たせすることをお詫びいたします。
PR
【2010/07/12 01:15 】 | 日記 | 有り難いご意見(4) | トラックバック(0)
<<15話前編うp | ホーム | 14話後編うp>>
有り難いご意見
なんてこったい・・・
 ども、お久しぶりのらいあっとです。
 次の回がうpされた時にでもカキコしようかなと覗きに来てみれば、
何か大変な事になってますね・・・
 何もわからない患者にとっては医者の出してくれる薬と説明が
頼りだというのに、困った話もあったものです。
 ともかく!そういう事ならば無理はしないで、
しっかりと治療に専念してください。
動画製作は時間さえあればいくらでもできますけど、
体の方はそうはいきませんから・・・

 ではこの辺で。
色々と積もった話は復帰後の楽しみにとっておくとしますw

【2010/07/12 21:33】| | らいあっと #9a661fb72d [ 編集 ]


無題
自分もアトピーでステロイドを絶った後のリバウンドには泣かされました。今も悪化してこの暑い時期にほとんど寝ることも出来ません。動画は体調がよくなってからゆっくり頑張ってください
【2010/07/14 00:31】| | #9362ff6c24 [ 編集 ]


無題
>らいあっと様

いつもありがとうございます。

何度も応援をしていただいて励みになります。
最高の演出をお届けできるように頭の中は動かしております。

15話前半は今月中には完成しますのでよろしくお願いします。

>無名殿

応援していただきありがとうございます。

医師の方々も信念を持っておられるでしょうし、

ステロイドが治療法として鉄板であるから使うとうのは分かります。

ですが、患者が求める「治療」というのは「根治」であって

大量の薬を用いリスクを伴う刹那的な「治療」ではないですよね。

今回の件ではこの両者の感覚の乖離を本当に感じます。

調べるほどステロイドは厄介な薬で、

細かな注意事項を患者に伝えるべきなのにそういう医者は少なく、

そもそも何種類もの名前の違うものがあり、

それらにはステロイドと分かる説明がないのです。

こういうものを医師の裁量だけで使用されている現状には納得がいきません。

ステロイドに限った話ではないですが、

医師の方々は治療にリスクを伴う薬を処方する必要があるなら、

まずそのことを患者に説明した上で選択させて欲しいと思います。

リスクがあってもいいから早く治したいのか、

辛くても時間がかかってもリスクを避けたいのか。

切に、思います。
【2010/07/14 02:55】| | ドダイ #2a9ce73386 [ 編集 ]


無題
お大事になさってください。
【2010/07/19 19:07】| | あやな #8df12549d7 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]