忍者ブログ
  • 2017.07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/18 04:16 】 |
ラブプラスを買ったので語ってしまおう


ドダイでございます。

数々の紳士たちにとって革命的な事件となったラブプラスを買いました。
True Love Story Summer Days, and yet…以来、久しぶりのギャルゲーです。
昨今病みっぱなしの私に必要な精神安定剤としてアマガミとどっちがよいかと考えた結果、
DS本体ごと買ってもラブプラスだろうと。
(某杉田氏のラジオが決定打でした)

…結果、がっつり200日をあっという間に消化し、ポニテで能登系ウィスパーな声のあの娘が彼女になったわけですw

このゲームの良さは上の動画などでもさんざん語りつくされているのですが、
私が意外にも感心したポイントは登下校時の会話でした。
このときヒロインは主人公に対して、ちょっとした質問や相談を投げかけてきます。
私の知っているギャルゲーの定石では、これに主人公が無難な返答をしてそれで話は終わりでした。
しかし、ラブプラスは違います。主人公は後日、結果をヒロインに尋ねるのです。
ヒロインはこれに対し、どうしてどうなったかをしっかりと答え、これによってヒロインことが少しわかります。
ラブプラスはこうした日常会話の積み重ねによって、ヒロインにある意味「情」が沸くような工夫がされていました。

人は誰しも、相談相手にされることを快く思います。
いわんや、こちらのアドバイスを実践してくれてよかったという話を聞けば、情が沸かない訳がありません。

だからこそDSのマイクに語りかけるという、非常にハードルの高い要求をむげにできなくなってしまうですw
ラブプラスモードをやるときは覚悟しましょう。

私が製作している架空戦記も、日常のやり取りというものをできるだけ入れていこうという方針で作っています。
野球したり、食事したり、買い物したりという出来事を通して、視聴者にも彼らの旅を追体験していただけるようにです。
実際それほど求められてもいませんし、時間配分的に織り込むのも難しいですが、
やっていきたいと思います。
PR
【2009/10/07 03:42 】 | 日記 | 有り難いご意見(3) | トラックバック(0)
<<第12話前編うp | ホーム | CUBE様とw-liat様へ>>
有り難いご意見
無題
SF12話から来たらラブプラスの話で吹きましたwww

これは遅延フラグ?それとも恋愛強化フラグ?


戦記物での日常パート、アタシは結構好きですねー。
物語に緩急を付ける、という点でも、結構大切だと思います。

戦闘ばかりだと、どうしても味気なくなったり殺伐としちゃったりしますからネェ。
【2009/10/24 21:14】| | ユユ #990a52c2b5 [ 編集 ]


追記。
そうそう、大事な事を言い忘れてましたが。

ポニテリッチャンハ、カワイイデスヨ!


今後も髪型を変える機会はあったりするのかしら・・・?
ああでも眼鏡だけは外さないで(;´Д`)
【2009/10/24 21:17】| | ユユ #990a52c2b5 [ 編集 ]


無題
>ユユ殿

ご視聴並びにご来訪ありがとうございます。

コメントから受けるイメージはどうしても戦闘パートのほうに寄っている印象があるので、
戦闘がない回は申し訳ない気分で作っています。
その代わり、どんなセコい手を使ってでも盛り上げようと考えておりますので今後ともご贔屓に。

ポニテは法衣の襟が高いので邪魔にならないようにするんじゃないかと考えたら、原作のタオみたいになるし、個人的好みでやっちゃいました。
(愛花の彼氏ですしw)
マックスが律子にアレを渡す2828なエピソードは考えていましたが、今回カットしました。
いつか回想するときがあるかも…?

それから、眼鏡は外しませんので安心してください。
すでに友人に強く反対されておりますので。
【2009/10/25 01:58】| | ドダイ #2a9ce76374 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]